スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  --/-- /-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Comments (-)Trackbacks (-) | TOP

巨大な謎の翼竜生物が捉えられた! その映像を追う!!

Category: UMA・未確認生物  10/20 /2013 (Sun)

みなさん!またまた、興味深い映像が飛び込んで参りました~!!

翼竜型の謎の生物が捉えられたそうです。

本当か否か、まずは、みなさんの目でその映像をご覧ください!

簡単にご説明しますと、南米チリの首都サンチアゴの9月29日午後9時頃、ブスタマンテ公園近くの繁華街上空に”巨大な謎の飛行生物”が木から飛び立つ姿が地元住民たちに目撃されたそうです。

この”巨大な謎の飛行生物”の全長は2メートル以上あるとみられているそうです。

そして、サンフランシスコ教会の塔にとまって、四肢動物をむしゃくしゃと食べていたというのです!

目撃者によって撮影された映像はすぐさまネット上で公開され、チリのメディアで相次いで報じられたようです。

『これが噂のフライング・ヒューマノイドではないのか?』と言う者もいれば、『いや、これがあの伝説のワイバーンに違いないだろう!』と指摘する者もいるそうだというのです。

映像をみなさんにご覧いただく前に、ちょっと説明しておきましょう!

そもそも、”フライング・ヒューマノイドとは?” ”ワイバーンとは?”

【フライング・ヒューマノイド】
フライング・ヒューマノイド(Flying humanoid)は、UMA(未確認動物)、未確認飛行物体 の一種。人間に似た形をしており、皮膚の色は黒またはこげ茶。空中を飛ぶ事が可能で ある。超常現象の一種とされる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%83%92%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%8E%E3%82%A4%E3%83%89 〔ウィキペディアより〕

【ワイバーン】
ワイバーン(wyvern または wivern)は、架空の生物の一種。名は毒蛇を意味する Viper からの派生として考えられている。翼を持つドラゴンの中で二本足のもの。飛竜、翼竜と訳される場合もある。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%B3 〔ウィキペディアより〕

さて、みなさんは恐らく両方ともご存じの方は多いのでしょうが、念のため、参照しておきました。

また、映像をご覧いただきく前でもよいだろうし、ご覧いただいた後にでも双方の意味合いを参照していただければよいのではないでしょうか。

では、巨大な謎の飛行生物の映像をご覧ください!
↓ ↓
「木から飛び立ち、教会へと向かう巨大な謎の飛行生物!!」
680e8b69.jpg

a55a63c1.jpg


「ブスタマンテ公園周辺以外でも同時に目撃された”巨大な謎の飛行生物”の映像」
↓ ↓
c7b3b73b.jpg


「巨大な謎の飛行生物の拡大映像!!」
↓ ↓
a84f5d93.jpg

c0e40099.jpg
                      [カラパイア:引用]

さらに、目撃者の1人は、取材したメディアに対し、

「私と妻は、確かにサンフランシスコ教会の塔に”奇妙な生物”がいるのを目撃しました。」

「そして、その生物は”犬のようなもの”を食べていました。」

「形跡は教会の塔に残されているはずなので詳しく調査するべきでしょう」と語ったそうです。

そして、その目撃者の1人の方は、その時に目撃した”奇妙な飛行生物”をスケッチで再現したそうです。

そのスケッチ画がコチラですので、ご覧ください!
↓ ↓
71131b6d.jpg

[報道されたニュース映像](you tube動画)
↓ ↓



[ペルーで捕えられたオオコウモリ](you tube動画)
   〔参照映像としてご覧ください!〕
↓ ↓



ここ数年、サンチアゴでは同様の謎の飛行生物の目撃例が頻繁に報告されているそうだ。

だがその詳細はいっさい明らかになっていないという。

◆ コチラは、参照URLです。
お時間ある方は、ご覧になってみてください。
↓ ↓
http://www.lared.cl/2013/10/60602/extrana-criatura-voladora-es-vista-en-parque-bustamante/

http://n-knuckles.com/discover/occult/news000560.html


南米ではUMAやUFOの存在をすごく信じている人が多いらしいそうです。

それ故に人々はもう、フライングヒューマノイドとか、ワイバーンのことで頭がいっぱいになっているかもしれませんね。

しかし、もしかしたら、”オオコウモリ”の可能性も否定できないではないでしょうか。

ただし、オオコウモリはフルーツコウモリとも呼ばれており、主に果物を餌としているはずだそうですよ!

目撃された生物は、”四肢動物を食べていた!”ということですから、そこにちょっと疑問が残るわけですね。

どっちにしろ、この現代、この時代でも、UMA目撃情報は多数存在するのです。

それ自体が、この現実世界を生きている我々から考えてみますと、”スバラシイことではないでしょうか!”

単なる夢物語で終わってしまうより、「何かしら、いる!」「人間とは違う生き物がいる!」

なんて、想像を掻き立てながら、生きていくのもいいのではないでしょうか!


さて、真相はいかに~!!


☆ そうそう、みなさん!

今日は、告知情報を2つ言わせてください。


まず、 1つ目 ですが、当ブログ管理人の私のメルマガが、”まぐまぐ”さんより創刊されたのです~!!

このメルマガの内容は、オカルト分野問わず、様々なジャンルの内容を取り扱っていきます。

もちろん、このブログでは、ご紹介できないような摩訶不思議な体験などもご紹介しております。

是非、是非ご興味のある方・お時間のある方は、初月は無料で拝読できますのでご覧いただきたいものなのです。


2つ目 は、例の ≪飛鳥昭雄氏 の 最新情報!!≫ をアスカリアンファン問わず、お伝えしなければなりません。

前回は、当ブログ管理人の私の中途半端な情報のため、みなさんに「エーっと違うよ~ 今月号の月刊ムーに記事ないよ~」 なんて、ご迷惑をおかけしてしまいましたので。


≪飛鳥昭雄氏 の 最新情報!!≫ 

【エイリアン・バイブル】は、来月の月刊ムー(12月号)での記事になるそうです。

当ブログの信用面にかかわるので、飛鳥昭雄氏の回答コメントもいただきました。

佐藤昭信 @askaakiox (飛鳥昭雄氏のツイッターより)

エイリアンバイブルは次号の付録漫画で真相の一部が明かされます!!!!!!!!



◆ 月刊ムー(12月号)は、11月9日(土)発売予定~!!


FC2ブログランキングに参加しました。
ポチっと一押しお願いします。
   ↓ ↓ ↓


人気ブログランキングにも参加しました。
ポチっと一押しお願いします。
   ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ






















スポンサーサイト


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。