FC2ブログ

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  --/-- /-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Comments (-)Trackbacks (-) | TOP

まさに”不可思議映像”! エジプト像が動くとは一体なんなんだ~!!

Category: 心霊・超常現象  06/30 /2013 (Sun)

みなさん!今日は、『エジプト像が勝手に動く~!』の記事を取り上げたいと思います。

もう、既にご存知の方は多いはず、ネット上や日本のニュースでも取り上げられ、メジャーのごとく話題になりました。

簡単にご説明しますと、北部イングランドのマンチェスター博物館の高さ25cmの古代エジプト像が勝手に回転し向きを帰るという怪奇現象(不可思議現象)が発生しているというのです!

このエジプト像は紀元前1800年に作られたもので、常に像はガラスケースに入れられているというのです。

それなのに、他の展示物は動かないのに、なぜか!このエジプト像のみ動いてしまうらしいのです。

驚いた博物館従業員(スタッフ)たちは、この像を観察するために監視カメラを設置し、1週間毎分でその像を記録したそうです。

やはり、確実にエジプト像が自分で回転して動いているというのです!

では、その「回転するエジプト像」の映像をご覧ください!
↓ ↓                               [カラパイア:引用]
画像1


「見るたびに向きが変わっているオシリス神に献上されたとされる古代エジプト像」
画像2


さらに、you tube動画の映像もご覧ください!
[ご注意!!] 一番奥にある像の動きに注目してください!

「これは、博物館内に設置した監視カメラの映像を早回しで編集したモノ」
↓ ↓




どうでしょうか!みなさん!

確かに像が勝手に動いて回転してますね~!

当ブログ管理人の私が最初に思ったのが、”いたずら説”です!

まあ、いわゆる像の真下辺りに、回転モーターの見えない程度の装置を設置して、外部よりリモコン等で操作している感じです。

なんか、カラクリがあるのではないか?と疑いました。

何者かが、博物館の顧客集めのため、そのような小細工をして、お客を集めようとする企みではないか!と。

ここで、最初に像が動いているのことに気が付いたのは、エジプト古代史を学ぶ学芸員のキャンベル・プライスさんだそうです。

キャンペル・プライスさんによりますと、最初誰かがこの像の向きを変えているのかと思ったそうですが、このガラスケースを触ることができるのは”一部限られた人のみ”で、誰も動かした気配はないと語っているそうです。

また、この像はこれまでずっとこの場所にあったが、今まで一度も動いたことはないとも言っているそうです。

これが、事実ならば、当ブログ管理人の私の”いたずら説”は除外されることになりますね!

また、”小細工説”も怪しくなります。

といっても、属にいう霊現象(霊の仕業)なんでしょうか?

これを語るまえに、まだ、像が勝手に動く仮説があるようです。

◇ 他の展示物は動いていないのに、この像だけが360度、勝手に回転する点!

◇ 美術館を訪れた人々が展示物のそばを通ったり、屋外で大きな車が走ったりすれば、ある程度の振動が像に伝わり多少は動く可能性はある点!

◇ それでも他の像が動いていないことや、これまで像が動かなかったこと、正確に360度回転する理由は説明することはできない点!

以上、3点が”いたずら説””小細工説”とは別の仮説のようです。

また、”いたずら説””小細工説”の確証もまだ何も現段階ではありません!

もし、他の説として、説かれるのであれば、先程言いました”霊現象”いわば、霊というモノが何かを訴えている!何かを知らせている!という説ですが、ココでさらなる仮説といえば、エジプトの神にまつわるファラオの呪い!です。

にわかには信じがたいのですが、「ファラオの呪い」は、ピラミッドの墓から遺物類を盗んだ者は呪われ、死す!という、映画などでよくあるモノですが、この古代エジプト像の勝手に回転して動くことに関して、関わりがあるのかどうかは分かりません。

だからといって、霊現象自体の否定の根拠にもなりません!

実にオモシロイですね~!

やはり、世の中は不可思議現象にあふれています。

当ブログでは、このエジプト像の怪奇現象(不可思議現象)においても、今後の情報を追っていきますよ!

さて、真相はいかに!



FC2ブログランキングに参加しました。
ポチっと一押しお願いします。
   ↓ ↓ ↓


人気ブログランキングにも参加しました。
ポチっと一押しお願いします。
   ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ







スポンサーサイト


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。