スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  --/-- /-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Comments (-)Trackbacks (-) | TOP

ビッグバンの謎に迫る! すべてを運命づけた「宇宙の最初の1秒」とは?

Category: オカルト的ニュース(最新情報)  11/28 /2014 (Fri)

宇宙誕生の秘密とその仕組みを解き明かすシリーズ番組「解明・宇宙の仕組み」のシーズン3が、7日からドキュメンタリーチャンネル「ディスカバリーチャンネル」でスタートした!!

(毎週金曜23:00~)28日に放送される第4話「宇宙の最初の1秒間」は、複数の専門家の意見を交えてビッグバンの謎に迫る。


1_20141128173731aba.jpg
[livedoorNEWS]



今のところ、現在の宇宙の起源とされている現象”ビッグバン”だが、何千億個もの銀河やそれを形作っている材料のすべてが凝縮した小さな1点、それがビッグバンを経て一瞬のうちに宇宙へと変貌を遂げた。

宇宙の最初の1秒間は、宇宙の歴史上で最も重要な時間というわけだ。

なぜならば、その間に空間、時間、エネルギー、物質が一瞬のうちに生まれて動きはじめたからだ。

しかし、今の時間の概念では、この宇宙創生の瞬間を語ることはできない。

そこで、「10億分の1秒」のような想像を絶するほどの時間を表す単位「プランク時間」が用いられる。


■もともと、空間と時間は限りなく小さな1点の「純粋なエネルギー」の中にあった。
■プランク時間が動きはじめた時に空間と時間は解放され、空間が膨張を開始する。
■ビッグバンは「空間の中」で起こったのではなく「空間自体の爆発」と考えられている。


そして、物質から星や銀河を作るために必要不可欠な「重力」が発生するようだ。

強すぎず弱すぎない重力のお陰で、さまざまな物質が誕生していくことになる。


宇宙の数ある謎の1つが、「どこを眺めても同じような銀河がほぼ均等に散らばっている」こと。

1979年に宇宙学者のアラン・グースは、その謎を解き明かす説として「インフレーション理論」を提唱した。

それは「生まれたての宇宙が想像を絶する速さで膨張した」という内容で、アラン・グースは「急激な膨張が、宇宙を構成する要素を均等にばらまき、宇宙に秩序ある配置をもたらした」と考えた。


このインフレーション理論から時は流れて2014年3月。

南極からの観測データが科学界を騒然とさせた。

それは「宇宙誕生の直後に起こったことを伝える痕跡を捉えた」というもので、観測データはインフレーション理論にほぼ合致。


●同理論ではほかの宇宙を発生させた可能性もあるため、複数の宇宙が存在する「多元宇宙」やわれわれと全く同じ人々が全く同じ人生を歩んでいる「並行宇宙」など、「どんな宇宙でも存在しうる」と考えている科学者も現れた。

そのほか、番組ではアインシュタインの「物質は凝縮されたエネルギー」という考えが与える影響、アメリカ・ロングアイランドにある研究所での「粒子の衝突実験」、ビッグバンの解明が大きく前進した「ヒッグス粒子」についても解説している。


ビッグバンを経て、陽子と中性子が原子核を作りはじめ、38万年後に原子が誕生し、そこから数億年後に原子が集まって星が生まれ、90億年以上をかけて太陽や地球が誕生したという。


今回の番組は、この壮大な"過去"を振り返りながら「すべての運命は、宇宙の最初の1秒間で決まっていたのです」という言葉で締めくくられている。



興味ある方は、ぜひ、ご覧になってはいかがだろうか。


◆ディスカバリーチャンネル「解明・宇宙の仕組み」










FC2ブログランキングに参加しています!
ポチっと一押しお願いします。
   ↓ ↓ ↓



さらに、人気ブログランキングにも参加しています!
ポチっと一押しお願いします。
   ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。