スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  --/-- /-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Comments (-)Trackbacks (-) | TOP

あるエンジニアの男性が暴露したエイリアン映像!! 本当の真実とは!?

Category: UFO・宇宙人  11/09 /2014 (Sun)

みなさんすべての心のどこかで「宇宙人は、どこがでいるのではないか?」とか「いや、エイリアンはいてほしいな!」と思いつつも、この現実の生活からみるとどうしてもうさん臭く思ってしまうのが “宇宙人体験談” だろう。

いくら、「宇宙人はいます! この目で見ました!」と、いくら言われても、どうしても心の底から信じることができない人も多いのではないだろうか?

今回のブログ記事でご紹介したいのは、ある米有名宇宙企業の元エンジニアの男性が、この世を去る直前に「宇宙人はいる!」との言葉を残し、その証拠写真を公開しました。

その驚愕の宇宙人映像の写真とはうらはらに、彼の証言について、多くの人が「嘘ではないか!」との指摘がでてきて、いまやネット界をあげての検証作業が進められているらしいのだそうです!


まずは、前述したあるエンジニアの男性のことを簡単に説明したいと思います。


【有能なエンジニアだったボイド・ブッシュマン氏】


彼の名は、ボイド・ブッシュマンという。
米航空機・宇宙船企業「ロッキード・マーティン」や「ヒューズ・エアクラフト」の主任研究技師を務め、米空軍管理の「グレーム・レイク空軍基地(通称:エリア51)」で働くなど、華々しい経歴を持つ。

2014年8月7日、78歳でこの世を去った彼は、人生の最後に1本の動画を公開した。
その驚愕の動画が瞬く間にネット上で話題の人となったのだ。
それは、”宇宙人は存在し、アメリカの基地で働いている”と話し、宇宙人の写真も公開したからである。



それが、こちらの映像です!
↓ ↓
4_20141109100210d02.jpg




<ブッシュマン氏の証言>

【UFOの上で宇宙人と共に働く人間たち!!】

動画(※1)のなかでブッシュマン氏は、人間と宇宙人が一緒に働いていることを明かし、「仕組みを学ぶために、UFOのなかで宇宙人と一緒になって働く人間もいます。もちろん、宇宙人には敬意を払いながらね」と説明している。

現在18名もの宇宙人が働いていると彼が主張する “エリア51” は、実はUFOの目撃情報が多数寄せられている有名なスポットである。

また、墜落したUFOを運び込み、宇宙人と共同研究しているとの噂が後をたたない場所である。

以前より、かの米政府は今まで、エリア51に対しては、無言のままだった。

今のところ、オカルト業界では、エリア51の宇宙人との共同研究や地球製UFO製造などのいわば極秘情報的なものはみなさんももう承知だろう!

昨年には、正式にCIAより軍事基地「エリア51」の存在を初めて公式に認めた公式文書を発表したこと。

しかし、肝心のエリア51の宇宙人との共同研究や地球製UFO製造などに関しての記述は一切なく、我々オカルト好きたちの間では、米政府の納得のいく説明には至っていない、しかしながら彼らの理由はなんにしろ、”エリア51”の存在を認める文書を発表したのは事実である。



【宇宙人は2つのグループに分かれている!!】

ブッシュマン氏によると、宇宙人の身長は大体150cmくらいだという。
そして、彼らには長い指と水かきのついた足が特徴だという。
おもに、テレパシーで互いにコミュニケーションをとりあっていたというのである。
宇宙人たちは、地球から45年の距離にある “Quintumnia” という星から、直径約10mのUFOに乗ってやってきたのだと語る。
そんな宇宙人は、2つのタイプに別れているみたいです。


「現在、2つのグループの宇宙人が存在しています。」

「 “家畜の世話をするタイプ” と、 “家畜を盗むタイプ” で、それぞれ違った特徴があります。前者の方がずっと友好的で、地球人とよりよい関係を築いています。」



94718-thumb-288xauto-82958.jpg



しかし、そんな驚愕の宇宙人映像などに対しての批判もあったブッシュマン氏。

「あの宇宙人はオモチャだ!」との指摘などがネット上で論議される!

さて、上記のように宇宙人について述べたブッシュマンさんの動画が公開されると、ネット上では「嘘だ!」との声が巻き起こる。

どこがどのようにおかしいのか、様々な検証がなされたそうです。

例えば、ブッシュマン氏が公開した写真に収められている宇宙人は、アマゾンなどで購入可能なオモチャであると指摘されている。

米サイト「Reddit」でも、多くのユーザーがブッシュマン氏が紹介した写真が、いかに嘘っぽいもので盛り上がっているそうだ。

なかには、これまでの彼のエンジニアとしての功績に敬意を表しつつも、「このインタビューは最悪の出来だ」と悲しむユーザーも見受けられたとのこと。


はたして、真相はどちらなのだろうか!?



■今回の記事の終わりに、ボイド·ブッシュマン氏が2014年に死ぬ前に語ったといわれる「宇宙人の真実」を33分間のビデオに収めたのだが、その内容を翻訳したものを以下に記載したいと思います。

さらに、真実を語った動画も以下に取り上げました。


【翻訳:Google訳】

「私はトップシークレットクリアランスを持っている"と、彼はビデオの冒頭で断言する。軍事空軍サーベイランスバルーンがクラッシュしたとき - - エイリアンの手で起こった彼は、そのような1947年のロズウェル事件のように、その状態に進む。

彼は、ロシア、米国、およびエリア51での中国の科学者(米軍施設)によって開発されていると言う - ブッシュマンはエイリアン、UFOの、そして反重力技術の詳細を共有した。

視聴者にそれらを記述しながら、ビデオでは、ブッシュマンは、外国人の二手」フォト証拠を"かざす見られる。

「彼らは約4だったと5フィート背の高いの半分は、「元トップの航空宇宙科学者は述べています。 「彼らは3バックの骨を持っている。彼らは実際に軟骨だ」と、彼は、彼らは人間よりも少ない肋骨を持っていたと述べて、追加された。これらのエイリアンは、人間のような手足の指を持っている。

彼は、彼らの目や鼻は人間とは異なると述べるようになった、と彼らはテレパシー心リーダーがあること。

「彼らはあなたに話をテレパシーで自分の声を使用することができるしている"と彼は言った。 "あなたはそれらのいずれかの部屋の中を歩くと、突然のすべてはあなた自身が自分の声であなたの質問に対する答えを与えることを見つける。"

ブッシュマンによると、外国人の二つの異なるグループがあります。

「それは牧場のようなものだ」と、彼はいくつかには、最大230歳でできることを加えると述べた。 「一つのグループはラングラー、その他は泥棒である - 牛のティーラー」

「ラングラー」は「もっとフレンドリーで、私たちとのより良い関係を持っている」である。

ブッシュマンは、どこでどのようにそれらの外国人が住んでいるの詳細を知っていたように見えた。

彼は、生き物がQuintumniaと呼ばれる惑星の住人であると主張した。これは、68光年離れた地球から位置して、まだそれは私たちの惑星に旅行する彼らにわずか45分かかりますされています。家庭では、彼らはテレパシーを通じて通勤、ブッシュマンは主張した。

故人の科学者は、彼が宇宙人に一緒に写真を撮るようにカメラを与えたので、彼は実際に自分の家を見たと言うようになった。しかし、ハードは画像がぼやけて判明ので、これらの写真に含まれるものを言ってさ。

別の啓示では、ブッシュマンはエリア51、それはエイリアンとその宇宙船が格納されたと考えられている中央ネバダ州の神秘的なベースに宇宙からの特別な飛行経路があると述べた。

彼は、アメリカ人は宇宙からのUFOに1日24時間働いあると付け加え、メトロを報告した。

「エイリアンクラフトに関しては、我々は一日のUFOに24時間働いているアメリカ市民を持っている」と彼は述べた。

しかし、ブッシュマンズ写真に見られる外国人は、ケベック駅TVQCによる調査によると、ウォルマートで購入することが実際に利用可能である。【翻訳終了】


b8218cb2fff57195cf724429ca5b7d10_convert_20141109105730.png









彼は、一体どのような”真実”を知っていたのだろうか!?






FC2ブログランキングに参加しています!
ポチっと一押しお願いします。
   ↓ ↓ ↓



さらに、人気ブログランキングにも参加しています!
ポチっと一押しお願いします。
   ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ





スポンサーサイト


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。