この世の中の不可思議現象・映像10とは一体・・・・・?

Category: オカルト的ニュース(最新情報)  07/20 /2013 (Sat)

みなさん!毎回、当ブログへ起こしいただき、有難うございます。

「あれ、せっかくココのブログへ来たのに、最新ブログ記事がないじゃん!」なんて、思われた読者の方々がいらっしゃるかもしれませんね! もし、いらっしゃったら、誠に申し訳ありません!

しかし、みなさん!
昨年は、あのマヤ予言があって、「人類滅亡・天変地異があるのか?」といろいろ説もあり、騒がれていましたが、今年は、2013年をまあ無事に迎えたとはいえ、UFO・宇宙人の最新情報・映像は、昨年と比べると、かなり、ありませんね!

メキシコの火山のUFOくらいなモノなのでしょうか?

また、当ブログにお越しいただいている方々の中で、「私、ついこの間、UFOらしき物体見ました~!」とか「自分は、UFO見たよ!」などUFO目撃されている方はいらっしゃるのでしょうか?

意外と、海外問わず、この日本でも今日、UFO目撃されている方はいるのかもしれません。

◇ さて、本題に入りましょう!

今日の記事として取り上げたいのは、『この不可思議現象・映像と思われる!10の事柄について!』です。

簡単にご説明しますと、やはり、この世には説明のつかない摩訶不思議なことは正直いろいろあります。。

ジャンルも様々でしょう!

ご存知の通り、UFO・宇宙人・USO・UMA・都市伝説・霊現象・妖精・スピリチュアル世界・闇の組織(闇の政府)・フリーメーソン・イルミナティ・・・・etc

ほんと!この世の中は、表側とはうらはらに、裏の存在たちの多いこと!

これは、すべて、誰かの作り話し的なモノなのでしょうか?

いえ、違うと思います!
何かが、何者かが、なんらかの形で、確かに存在しているのです。

さて、前置きはこのくらいにしておきます。

その”謎めいた生き物”や、”説明のつかない超常現象”まで、この世の謎は数限りなく存在します。

そんな不可思議な現象・映像を10ご紹介します。


10.マヤッカのスカンク・エイプ

フロリダの沼地に棲んでいると言われているヒト型の未確認生物。

二足歩行をする霊長類で、長く黒い毛が生えていて、悪臭を放つという。

たくさんの目撃証言がある。

2000年、サラソタ郡の保安官事務所に、謎めいた女性から二枚の写真が送られてきた。

写真はリンゴを盗もうとして彼女の家の裏庭に入りこんできた生き物を撮ったものだということだったが、懐疑的な人はその生き物は気ぐるみを着た人間、あるいはオラウータンだと主張した。

画像10

9.ベルメスの顔

1979年、ペレイラ家で、家じゅうに人の顔のようなものが現れたり消えたりする説明のつかない現象が始まった。

顔が現れる場所は時間はまちまちで、8月のある日はキッチンのコンクリートの床に現れた顔を妻のマリア・ゴメスが見つけた。

すぐに夫がつるはしでその顔を削り取ったが、その後もまた現れた。

それから30年、さまざまな表情の男女の顔が現れ続け、何度床を取り替えて、洗剤で洗い流してもやまなかった。

超常現象が起こる多くの家の例にもれず、その家も墓場の上に建てられていて、地中から複数の遺体が見つかったという。

懐疑主義者は、顔は洗剤の酸化剤でできた「シミだろう!」と言っている。

画像9

8.フレズノの夜の徘徊者

この動画は、カリフォルニア州フレズノで、二台の監視カメラが棒きれのような生き物がコマを横切っていく姿をとらえたもの。

その生き物はまるで竹馬に乗っているような奇妙な格好で移動している。

これは一体なんなのか、このビデオからは説明はつかない。

こちらは動画をご覧ください!
↓ ↓


7.ポールディングの怪光

ミシガン州ポールディングで、説明のつかない謎めいた怪光が40年以上も目撃されている。

ある夜、列車が異常に接近してくるのを、仮眠をとっていた車掌にランプで知らせようとした踏み切り番が轢かれて死んでしまったという事故があったという。

または、森の中をランプを持って息子を探していて、やはり列車に轢かれてしまった父親の幽霊がいまだに毎晩のように現れるのだという話もある。

ミシガン工科大学の学生たちがこの謎を解き明かそうとして、近くの高速道路を走る車のヘッドライトだろうと主張した。

だが、光は地平線の少し上に現れる大きな球体で、色は赤や白やグリーンという報告があり、車のヘッドライトの色ともちょっと違う。

現地にはよく見える目撃スポットという看板まであるという。

画像7

6.サンアントニオの幽霊街道

テキサス州サンアントニオには、幽霊街道として知られる道がある。

この道に停まった車に怪現象が起こるからだ。

背景には子供をいっぱい乗せたスクールバスが列車に突っ込んで子供たちが全員死んだという事件があって、この現場に車を停めると、無数の小さな手に車が押される感じがするという。

また、走っていても車が揺さぶられる、子供の声やささやきが聞こえるなどの報告もある。

さらにぞっとするのは、バンパーにベビーパウダーのようなものがまかれていて、そこに手形がついていたという例もある。

懐疑主義者は、幻覚だと主張するが、手形についてはまだ説明がついていない。

こちらは、動画をご覧ください!
↓ ↓


5.ベッケンハムのガーゴイル

イギリスのベッケンハムで、”ガーゴイル”のような奇妙な生き物が飛んできたというビデオが見つかった。

この人型の生き物は目が異様に光り、考えられないほどの速さで移動するという。

多くの調査がなされ、目撃証言もあるが、そのような”ガーゴイル”が存在した証拠はない。

ビデオは「コンピュータのCGではないか!」と言われている。

画像6

4. 428号室

オハイオ大学にあるこの部屋は、木が打ちつけられ、締め切られていて入ることができない。
というのも、この部屋ではさまざまな怪現象が起こるからだ。

物が飛び交うポルターガイスト現象が起こり、ドアがひとりでに開いたり閉まったりし、黒い影が見え隠れするという。

もっとも恐ろしいのは、”悪魔のような顔”がドアの木目に現れることだ。

このドアは何度も取り替えられたが、顔は現われ続けた。

どれも説明がつかない現象だが、この部屋で自殺した学生の霊ではないかと言われている。

画像4

3.マピミ砂漠の無音域

メキシコにあるこの砂漠では、奇妙な”電波現象”が起こる。

1970年7月、米軍のユタ基地が、テストミサイルを発射して、それがコースをはずれて砂漠に命中したという。

ミサイルには放射性物質が含まれていて土壌が汚染されたと言われている。

そのせいか、このエリアにはラジオ、テレビ、短波、マイクロ波、衛星信号がいっさい入らない。

奇妙なオーブ、光、UFOだけでなく、金色をした三人の人型生物が目撃されている。

彼らは水を要求し、どこから来たのかという問いに”上空から”と答えたという。

ありえないように思える一方、ここの土壌に異様なレベルのマグネタイトが存在する科学的な証拠はある。

そのせいでこの地域一帯が磁気を帯びているのか、異常な数の隕石がここに落ちたのか、科学者たちは判断できていない。

いずれにしても、この場所になにかあることは確かだ。

画像3

2.パンボチェの手

チベットのある仏教僧院では、”イエティの手”と言われているものを大切に保管している。

偽物だと思われているが、それをひと目見ようと人が押し寄せている。

僧侶たちは、手は神聖なものとして、科学的調査をするべきではないと考えたが、かつて、ピーター・バーンという男がこっそりこの手をネパールから持ち出して、ロンドン大学に持ち込んで検査した。

その結果、驚くべきことがわかった。

手は人間のものだったが、それは現生人類よりネアンデルタール人に近い人種だというのだ。

その後、手は盗まれてしまい、現在どこにあるかは謎のままだ。

闇市場で取引され、個人がコレクションしていると思われている。

画像2

1.ロサンジェルスの戦い

1942年2月24日、ロスで空襲警報が鳴り響き、アメリカ人の多くは日本軍の襲撃かと戦闘体制を整えた。

完全灯火管制の中、第37沿岸砲兵師団が、夜空に浮かぶ謎めいた飛行物体に向かって1400発もの対空砲火をあびせた。

爆撃は丸々一時間続き、朝7時21分に警報が解除された。

しかし、この謎の飛行物体は、一時間にも渡って激しい攻撃を受けても撃墜されることなく、上空を移動して消えたという。

逆にこの爆撃の影響で4、5人の市民が亡くなり、心臓発作で3人が死んだという被害が出た。

飛行物体は大きなひとつの物体だったとか、複数の小さな物体だったと目撃証言はいろいろあるが、気象観測気球を誤認したのではないかという話もある。

画像1
                       [カラパイア:引用]


みなさん!どうでしょうか!

10のうち、いくつかはご存知の方や逆に、いくつかだけは知らなかった方などあるかと思います。

当ブログ管理人の私も、今まで、その手のモノはいろいろ見てきたつもりでしたが、以外と以外、知らないモノいくつかありましたね!

1. の「ロサンジェルスの戦い」は、過去のUFO特集番組でも取り上げられていましたが、当時は、「作り物だろう!」と勝手に解釈していました。

しかし、CG技術が発達した現代では、このUFO映像は逆に貴重といえるもので、かつ、信憑性がかなり高いと言われています。

というのも、この映像自体がリーク映像で、本来は、表上に出てはいけないモノらしいのです。

一見、何の変哲も無い古びた写真なのですが、だからこそ、コレ自身をわざわざプロのCG技術者が変な小細工をしてまで、このような映像を世間に出したりしないのです。

ということは、「この映像は・・・・・」となるわけです。

3. の「マピミ砂漠の無音域」については、当ブログ管理人の私は、まったく知りませんでした。

コレは、すごい出来事に遭遇しているのですね!

奇妙なオーブ、光、UFOだけでなく、金色をした三人の人型生物が目撃されている。

彼らは水を要求し、どこから来たのかという問いに”上空から”と答えたという。

この者たちは、やはり、宇宙人なのでしょうか?

8. の「フレズノの夜の徘徊者」は、この後に、またコンパスのような形をした親子らしき二人が国立公園の監視カメラで捉えられたモノがありました。

米カリフォルニア州ヨセミテ公園の監視カメラ映像にとらえられていたものです。

もう1つの「コンパスのような形の謎の生物」映像もご覧ください!
↓ ↓




”ナイトクローラー”といって、某番組では、その地域の守り神だそうです。
確かに、番組では、その守り神の映像も写っていました。
コンパスの形をしている神様のような存在で、昔は人々とともに生活していたとのことです。

どうでしたか?みなさん!

次回も世の中の不可思議な現象・映像・体験を取り上げたいと思っています。


真相はいかに!!



FC2ブログランキングに参加しました。
ポチっと一押しお願いします。
   ↓ ↓ ↓


人気ブログランキングにも参加しました。
ポチっと一押しお願いします。
   ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ














スポンサーサイト


Comments (2) | Trackbacks (0) | TOP